カテゴリー別アーカイブ: お手入れ

乾燥肌に嬉しい、とろんとした化粧水

年中、乾燥肌のうえに、Tゾーンや、Uゾーンでは脂性に悩んでいました。その際は、さっぱりした化粧水をつけてもすぐに乾燥したりして、どれを使っていいのか分かりませんでした。しかし、今、使っている某化粧品メーカーの、とろみ保湿化粧水というのを使ってみると、乾燥肌にスーッと染み込んでいくのが分かりました。とろみがあるけど、保湿をすごく保っていて、テカリで気になるところも時間が経っても、あまりテカらなくなって来ました。

容量は120mlで値段は3000円くらいしますが、ワンプッシュで充分肌になじみますし、1本で3ヶ月以上は持ちます。私の場合は、毎回の洗顔後ではなく、2日に1回のペースで使っています。あとは、毎日使っている化粧水と、美容液を使って繰り返しています。値段が少し高い分、何ヶ月も持ちますし、保湿力もとてもいいので経済的かと思います。この繰り返しで何年も同じ化粧水などを使っていますが、以前より肌荒れや乾燥肌が良くなっているのが分かります。不規則なときは、吹き出物が出ますがこの化粧水を使っていると治りも早いですよ。個人によって差はあるかと思いますが、まずは使ってみるのもいいと思います。化粧水を選ぶ時は、無添加のものを重視しています。敏感肌の人は無添加化粧水がより効果が出ると思います。
ベルタプエラリアの口コミをチェック。効果的な飲み方は?バストアップの体験!

化粧水なんてつけられれば良いんです

肌のお手入れが満足にできない理由として、子育てと答える人がいるかと思いますが、今の私はまさにそれです。3歳と0歳をお風呂に入れた後、私が自分のことをするまでには5分かかります。3歳長女はある程度体は拭けますが、髪の毛が長いのでよく拭かないと服がベチャベチャです。0歳次女は風呂上りから5分以内に保湿用のクリームを塗らなければいけないので、自分のことは後回しにしなければなりません。

また、元々ものぐさな性格なので、お肌の手入れにかける時間は少なくなっています。おまけに肌が強いので、どんな化粧品を使っても荒れることはないので、最近ではもっぱら「化粧水から乳液までこれ1本~」系の化粧品を使用しています。1番好きなのは、カネボウのうるりです。使用感がさっぱりしていて、べたつきません。

買って失敗したのは、花王のうるおいジェリーです。うるおいのための成分が強いというか、肌に馴染まないというか、いつまでも顔に残っている感じが嫌でした。CMで高島彩さんを見て「いいかも~」と思ったのですが、ダメでした。ドラッグストアでテスターがあれば良いのですが、化粧水はあまりテスターが置いていないので、一か八かなところがありますよね。子供が大きくなったら化粧水→乳液→マッサージなんてこともやってみたいですが、あと2~3年は無理そうです。
ベルタプエラリアの値段は?最強のバストアップサプリを最安値で買う!

メラニン色素を過剰生成をさせないこと

私がやっている美容法はとても簡単なことです。簡単なことなんですが、黒ずみやシミ、シワを防ぐ効果を感じています。黒ずみなどの原因となるのはメラニン色素。そのメラニン色素が過剰生成されることによって、黒ずみやシミやシワができてしまいます。そしてメラニン色素は、日光に含まれている紫外線を浴びることによって生成されます。

しかしその他にもメラニン色素が過剰生成される原因があります。それは強い刺激や摩擦。
それらを肌に与えると、メラニン色素が過剰生成されてしまうため、刺激は禁物。

肌に摩擦を与える原因としては、洗う時に必要以上にゴシゴシと洗ってしまうこと。つい無意識にやりがちですが、これがメラニン色素の過剰生成の原因になります。また仕事などで椅子に座る時も、長時間に及ぶ場合はお尻に刺激が加わり、黒ずみの原因になります。

これらのことから、洗う時は力を入れすぎず、タオルやスポンジも肌に優しいものを選びます。椅子に長時間座る時も、なるべく刺激や摩擦が加わらないように座布団やクッションを使います。そして、保湿してケアすることも大切です。化粧水や専用のクリームを塗ってあげると良いでしょう。以上の事を知っているのと、知っていないのとでは全く違ってきますよ。
ユーグレナの保湿効果は評判通り。初めてのしっとり肌を体感

隙間時間は美容時間、有効に使ってきれいに!

忙しくても、美しくなる時間はたくさんあります。ちょっとした隙間時間も有効に使えばかならず美しくなれます。私は化粧水パックをしながら家事をします。ドラッグストアにある化粧水で十分です。コットンは、無印良品のはがせるコットンがお薦めです。化粧水をひたすと5枚くらいにわかれるので、それをおでこ、両ほほ、鼻、あごにパックします。乾きそうになる前に、また化粧水を追加します。

それを30分続けるとお肌がふっくらし、透明感が増します。できたらスプレーに化粧水を分けて入れて、持ち歩けるようにすると便利です。そのあと、乳液で軽くマッサージをします。まず最初に鎖骨と脇の下をぐりぐりとマッサージし、流れをよくします。そのあと、おでこの中心から耳のところまで流し、鼻の横から耳の横、あごから耳の前まで流すようにします。老廃物が流れるイメージで優しくします。

そのあと、軽く白湯を一杯飲みます。そうすると老廃物が流れて透明感が増します。せっかく老廃物を流したのだから、白湯はこまめに飲むようにしましょう。そのあとに、メイクに入りますが、日焼け止めなどをぬって少なくとも3分は置きましょう。そしてファンデーションなどを塗ります。日焼け止めとファンデの間に数分置くと、きれいにメイクができます。忙しい朝だからこそ有効的に動いてみましょう。
ミドリムシの化粧品、oneオールインワンは保湿力抜群でリピ決定!

定期的なピーリングで潤いと透明感がUP

20年以上ずっと乾燥肌なのですが、1年に何度か「何をやっても潤わない!」という時があります。30代に時にその頻度が上がり悩んでいた時に試してみて効果を感じたのが、お肌の「角質取り剤」です。ピーリング剤とも呼んだりするみたいですが、クリニックなどで行うような本格的なピーリングではなく、自分でできる簡単なものです。ドラッグストアでも色々な種類が売っています。

私が使っているのはジェル状のピーリング剤ですが、それを洗顔後の乾いた顔に乾いた手で薄くぬり、指の腹で軽くクルクルと円を描くように擦っていると、ぽろぽろとした消しゴムのカスのようになってきます。それがお肌の古い角質みたいです。ある程度ぽろぽろと落としたら水かぬるま湯で優しく洗い流します。洗った後は剥きたてのゆで卵のようにお肌がツルっとしていて、見た目もあきらかに肌の透明感がアップしています。新しい角質が表面にでてきているので、すぐに化粧水などでたっぷりと保湿しています。

ジェル状のものの他にも化粧水タイプのコットンで拭き取り用などもあります。いずれも同じような効果があるようですが、注意したいのが使い方です。ピーリング後の「ゆで卵」の感触が気持ちよくて、ついつい頻繁にやりたくなるのですが、やりすぎはよくありません。まだ落ちるべきではない皮膚まで無理やり落としてしまうことで、出来上がっていない未熟な皮膚が表面にでてきてしまい、紫外線のダメージを受けたり、水分を逃がして乾燥が進んだりして肌が痛んでしまいます。夏は1ヶ月に1回、それ以外の季節は2ヶ月に1回程度にしています。
ミドリムシのクリームの保湿効果は期待以上!もちもち肌長時間キープ

肌のくすみケアにピーリングを使っています

服を脱ぐように古くなった皮膚もサッと脱ぎすてることが出来たらどんなに簡単で楽で良いだろうと思ってしまいます。いくら丁寧に顔を洗っても肌のくすみがなかなか良くなってくれないので、肌が服のように脱ぎ捨てることが出来たら
良いのにと思ってしまうのです。もちろんそんな事は出来ないので、その代わりに私がスキンケアに取り入れるようになったのはピーリングです。

ピーリングは以前から知っていましたが、その頃は私もまだ若くて肌にもハリやツヤがあり特に必要性は感じていませんでした。若くて代謝も良かったと思うので薄いシミが出来たとしても自然に消えていってくれていました。そんな肌にピーリングをする必要はありませんし、ピーリングをしていたら肌にとって刺激になりすぎて却って良くなかったのではないかと思っています。

そんなピーリングを私もスキンケアに取り入れてみることにしました。肌の古い角質が自然に剥がれて落ちてくれるのが理想ですが、そうも言っていられません。いつまでも角質を放置してはおけないので今できるスキンケアとしてピーリングを月に2,3回の割合で行っています。ピーリングをすると肌のカサカサも取れて手触りも良くなってくれます。古い角質が取れると肌も明るくなったように見えます。肌の負担をかけないよう気を付けながらピーリングを使っていこうと思っています。
http://www.taegonkim.com/

加齢のくすみやシミには内側と外側からのケア

40代に入ってから突然増えだしたシミ。そして顔色をどんよりと見せる肌のくすみ。毎朝鏡ですっぴんを見るたびため息が出ます。放っておいても良くはならないし、なんとか改善する方法はないものかと美容やスキンケアのことを色々と調べました。

わかってきたことは年齢が上がるにつれお肌のターンオーバーの周期がどんどん遅くなり、古くなった角質が剥がれていかないために、くすみやシミが増えていくということです。ではその古くなった角質を落としていけばいいってことね、とさっそく角質ケアに励みました。

パックやピーリングなど色々試しましたが、私は毎朝拭き取り化粧水をコットンに含ませ、こすらずそっとお肌の表面を拭き取るのを続けています。これをすることによりそのあとの化粧水や美容液の浸透が格段に良くなります。もちろんそれだけでは出来てしまったシミまで取れないので、そちらは美顔器でケアしています。トリアエイジングケアレーザーという家庭用レーザー美顔器です。

レーザーで意図的に真皮にキズのようなものをつけることにより、お肌がそれを修復しようとターンオーバーを早める仕組みです。これを使いだして3ヶ月くらいでシミが薄くなり、くすみが消えです透明感が出ました。これを使っていることは友達には内緒です笑

外側が少しづつ改善されてくると、もっとキレイになりたくて内側のケアにも目を向けるようになりました。普段の食事はもちろんですが、サプリメントを利用しています。サプリメントも色々ありますが、今一番効果を感じているのはプラセンタです。このプラセンタサプリとローヤルゼリーを併用するようになってから、お肌がしっとりしてきました。

最近はお肌に自信が持てるようになって毎日お化粧するのが楽しくなりました。友達にはもちろん「何もしてないよ?」ととぼけています。

冷やした美容液を肌にたっぷりとパッティング

私が友達に教えたくないこっそり実践している美容法。

まず、美容液を冷蔵庫で冷やすことです。お風呂に入ったときに酵素洗顔をして毛穴を綺麗にします。すると毛穴が結構開いてしまいます。ですので、冷蔵庫で冷やした美容液を肌にたっぷりとパッティングをします。そうすることにより毛穴が塞がります。

そして、美容パックも私はなるべく冷蔵庫で冷やすようにしていて美容オイルを肌になじませてから良く冷えたパックを貼って15分ほどおきます。因みに私がおススメする美容液はハトムギ化粧水です。

非常にリーズナブルでたっぷりと入っているので好きなだけ使えるし肌が前より白くなった気がします。パックはそんなに高価なものではなくても1週間に2,3回出来ればかなり肌が綺麗になります。

そして仕上げにニベアクリームを塗ります。ニベアクリームはハンドクリームのイメージがあるかもしれませんが髪に塗るとつやが出てとても髪質が良くなったり、成分に高級化粧品の成分にもあるホホバオイルが使われているので肌にとてもよく、個人的に重宝しています。

他にもプチプラコスメでとても肌によいものがあったりしますが、友達には教えないように、こっそり工夫や努力をしています。

見た目年齢に大きく関わるシワ対策

肌年齢と言う言葉があるように肌は見た目年齢を左右します。
なかでもシワシワの肌は恐らくかなり老けて見えてしまうでしょう。

しかしながら、出来てしまったシワはそう簡単に消えると言う事はありません。
第一の対策としてシワになりにくい肌作りを心掛けると良いでしょう。

まず、シワの原因ですが乾燥です。
若い頃から乾燥しないようにスキンケアを欠かさずおこなう事は重要です。
そしてもう一つの原因は加齢による肌内部の弾力を保つ繊維の減少です。
人間は歳をとります。それに伴い様々な機能が低下していくのは当然の事です。

この加齢には勝てないのですが、私はシワ用クリームをお手入れにプラスました。
このようなある機能に特化したクリームと言うのは少し価格は高いのですが、シワの箇所としてはほうれい線やおでこや目尻等範囲も狭いので1本あれば長期間使用できますし機能を失った肌内部の弾力繊維は何もしなければ復活する事はまずありません。

ならば、外側から力を与えてあげるべきなんです。
すぐに目に見えるようなふっくら肌にはなりませんよ。
シワが深くならないや少しずつ目立ちにくくなると言う感じです。
勿論、メークの時も隠す為にファンデーションを埋め込むように付けると逆に目立ってしまいますので気をつけて下さいね。

乾燥肌にもシミにも対応できるマルチな化粧水!

私は、毎日入浴後にSHISEIDOのアクアレーベルの化粧水・乳液を塗ってスキンケアをしています。
もともと顔にそばかすが多く美白効果のある化粧水や乳液を探していたところアクアレーベルに出会い、それからずっと使用しています。

それまでは大容量で低価格のハトムギ化粧水を使用していたのですが、乾燥肌の私には保湿力が足りず小鼻のあたりに粉を吹くことが稀にあったため、保湿力の高いものへと変更しました。
私なりの使用方法としては、入浴前に顔を冷水で冷やし軽く水気を切った後に化粧水を押さえ込むように塗ります。
ベタベタしていたら一度ティッシュで軽くオフして、そのあと乳液を塗って完成です。

また、買ったものの使わなくなってしまったハトムギ化粧水は、全身用の化粧水として使用しています。
入浴後に腕や足、首やデコルテに塗るようにしています。
また夏場では冷蔵庫で冷やしておき、日焼けしたところにコットンに染み込ませた化粧水を当ててアフターケアを測るのにも使っていました。

最近でも日中日差しが強かった日は行っています。
また、週に2回ほどパックも行っています。
私はルルルンを使用しています。
紫外線を多く浴びた時や長時間メイクをしていた・厚化粧などで肌に負担を与えた時に、お肌を休めるために使っています。