カテゴリー別アーカイブ: アンチエイジング

冷蔵庫の中にある食材で小ジワが取れました

私が密かに行っている美容法があります。それは、卵の薄皮でパックをすることなのです。どのご家庭の冷蔵庫にもよく入っている卵。生卵を割ったとき、割れた部分に白い薄皮があるのを見たことはありませんか?その薄皮を殻から剥がし、小ジワが気になる部分に貼るだけなのです。この美容法に必要なのは、生卵だけです。生卵から剥がした薄皮には白身が付いているので、洗い流しキレイにします。それを肌に貼り付けるだけなのです。肌に貼り付けるとピタッと密着し、ひんやりと冷たいパックになります。それを薄皮が乾くまで放置します。

薄皮は、水分があるときはどんな形にも対応できる柔軟性がありますが、乾くとパリッパリに乾燥します。目元に貼っていると、鏡を見なくても乾燥したことが分かるくらいです。私は小ジワの気になるところ、目元だけでなく、ほうれい線や目尻、シワのある周りの皮膚にも貼り付けています。最初は生卵の薄皮?と思っていましたが、続けていくうちにその効果を実感しました。気にしていた目元の小ジワが明らかに減りました。最初は気のせいかとも思いましたが、次の日も、その次の日も同じコンディションだったので、間違いない!これは小ジワがなくなったのだ!と確信しました。安くて簡単に続けられる美容法なので、これからも続けていきたいと思っています。
ユーグレナオールインワン、評判通りの保湿効果が人気の秘密

ほうれい線にはワセリンが効きます

年齢を重ねると、ほうれい線が目立ってきます。ほうれい線が目立つと途端に老けて見られがちです。そこで、おすすめなのがワセリンです。寝る前に、ほうれい線の部分にワセリンをぬります。最初は薄くのばして、次にその上から少し足します。ラップをするような感覚で塗ってください。翌朝、しっとりしているのを実感できると思います。これを一月ほど続けると薄くなっているのがわかると思います。

ワセリンのほかに、舌のエクササイズもお薦めします。まず、舌でほうれい線の部分を口の内側から上下にマッサージするように動かしてください。一日三回ほど左右各20回ほど続けてみましょう。舌が疲れるかもしれませんが、そのときに唾液も一緒にでるので口臭予防、虫歯予防にもなります。

最後に、指でのマッサージです。これは乳液やオイルを塗った状態で行います。鼻の横に人差し指を曲げ、第二関節をおき、少し強めに押していきます。それを耳のところまで続けます。頬骨にそって押していくイメージです。最初は痛いかもしれませんが、それは老廃物が貯まっている証拠なので、だんだんと痛くなくなり、そのうち痛気持ちよくなります。余分なものが流れていくと、ほうれい線が薄くなります。すぐに結果を求めずに三か月は続けてください。

洗顔方法の工夫だけで乾燥肌が改善!

20代から乾燥肌に悩んでおり、40代になってからは冬だけでなく夏の冷房や紫外線にも弱く、1年中乾燥対策を意識するようになりました。高い化粧水や美容液などを試していた頃もありますが、その前の洗顔が大事だと気付いてから、洗顔方法の方に注意するようになりました。

すると、お風呂上がりにすぐつっぱっていた肌が、化粧水を着けるまでに時間が開いてもあまり乾燥することがなくなってきました。洗顔料などは特にこれじゃないとだめ!といったものはありませんが、クレンジングと洗顔料のダブル洗顔をしています。クレンジングはオイル系やクリーム系などを使っています。洗顔料はできればしっとり系の洗顔料を使います。

使うものより、使い方がポイントです!クレンジングも洗顔料も「やさしくていねいに」が基本。特に洗顔料は泡立て用のネットでよく泡立てて、泡で洗うようにしています。水気を少なめにして泡立てると堅めのキメの細かい泡が立ちます。流す時はぬるま湯よりもぬるい「ぬるま水」で丁寧に手で洗い流します。これだけでも十分キレイになる感じがします。

汚れや角質を落とそうと、ゴシゴシ洗っていた時よりも、よっぽどキレイになっている感じがしますし、しっとりしただけでなく、キメが整い透明感がでてきた感じがします。なによりも嬉しいのが、この洗顔方法にしてから翌日の夕方まで肌がしっとりするようになりました。

体の内面からきれいにして肌や髪の若返りを狙う断食法

断食っていうと苦しかったりきついものだと思う人が大半だと思います。
私も、実際に断食を行う前まではそう思っていました。
結果から言うと、以外と空腹というものには慣れるもので、ちょっときつい時間もありますが、思ったほどのきつさはありませんでした。

私が断食をやろうと思ったのは、化粧品など外見を変えるだけのものに、限界を感じたからです。
外見を少し変えただけでは、本当の意味では変わらない。そう思ったんです。
断食の利点は、ネットで調べれば色々出てきますが、代表的なものを言うと、人間の中に溜まっている老廃物を出すことができるんです。そうすることで、きれいな肌を保ったり、ツヤのある髪を保つことができます。

いきなり断食なんてできないという人には、1日1食から初めて見るのもいいかもしれません。1日1食というのは、芸能人でも多くの人が実践しており、有名な人だと福山雅治さんもそうらしいです。
1日1食でも、充分に効果を得ることができます。
体の消化にエネルギーを費やさずに済むので、そのエネルギーを体から腐敗物を出すことに集中することができるからです。

美容以外にも、1日1食にすることで、食事の楽しさや、食事できることのありがたさに、改めて気づくことができます。
ぜひ、断食をして体の内面からキレイにするということに挑戦してほしいと思います。

しわは、コラーゲンでは解決出来ない!

今や、どんなスキンケアにも入っているコラーゲンやヒアルロン酸。
肌には必須な成分ですが、大人女性が気になるシワ対策には、コラーゲンやヒアルロン酸だけでは実は不充分なのです。
コラーゲンとヒアルロン酸は、肌を構成する大事な成分ですが、最も肝心な成分がもう1つあるのです。

まず、肌の構造を網(ネット)のようなモノとイメージしてください。
縦や横に走る繊維…これは肌における「膠原繊維」と呼ばれるコラーゲンから成る繊維です。
繊維が重なる点…これは肌における「弾性繊維」と呼ばれるエラスチンから成る繊維です。膠原繊維の重なる点の下にあり、言わば柱のような役割を持ちます。

そして、ヒアルロン酸は膠原繊維と弾性繊維の間を埋める「間充物質」にあたります。

弾性繊維が加齢と共に崩れていき、下から支える働きが出来なくなると、その上の膠原繊維が沈みこむ事により「シワ」が生じるのです。

なので「シワ」を撃退・予防するには、コラーゲンは勿論ですが、重要なのは「エラスチン」を摂取する事なのです。「コラーゲン+エラスチン」これこそが、本当のシワ対策!
美肌ドリンクやスキンケアを購入の際には、ぜひ成分表を見て「エラスチン」が含まれているものを選んで見てください。

カモミールとローズマリーのスキンケアの効果について

カモミールには高いスキンケアの効果があります。
カモミールに含まれているアズレンという成分が、皮膚の炎症をおさえてすこやかで美しい肌にしてくれるんです。

また、湿疹や傷のある部分にカモミールの浸出液をぬると治るのが早くなります。
カモミールはリラックス効果が高く、夜眠る前にカモミールティーを飲むと、ぐっすりとよく眠れます。
眠ることで全身の健康状態が良くなり、肌の調子も良くなります。

カモミールにはアズレンの他、フラボノイドなど肌に良い成分がたくさん入っています。
そのため、カモミールの浸出液をお風呂に入れるとすこやかですべすべの肌になります。

ローズマリーは血管を強くして、血流を良くします。
そのため、皮膚の新陳代謝が良くなり、肌が活性化してシミ、しわなどを防ぎ、つやつやの美しい肌にします。
さらに、ローズマリーにはロズマリン酸という抗酸化物質が含まれているので、シミ、しわがつくられる元となる活性酸素を除去してくれます。
また、ロズマリン酸には抗菌作用もあり、肌をすこやかで美しく保ちます。

ローズマリーには年齢を感じさせないほどの若返りの効果があるんです!
ローズマリーの浸出液をお風呂に入れると、良い香りで若返りとリラックスの効果が期待できるのでおすすめです。

美容は中からも外からも取り入れる!

最近、目尻のシワやお肌の老化を感じます。
職場には若い子がたくさんいるので自分のお肌と比べると年齢を感じます。

しかし!そんな事には負けていられませんね!
日々のお手入れが欠かせません!

私の最近のブーム美容法は外側だけからではなく中からも取り入れる、これですね!

まず中から。
コラーゲンの粉末状のものを飲んだり、プラセンタゼリーを食べたりすることで、翌日のお肌の調子が全然違って、効果あります!
そして外からは毎日のフェイスシートパックですね、これも日々欠かせません。
これを行うことによって翌日のお肌の調子や化粧のノリが全然違います!

若い頃のお肌を取り戻すことは出来なくても、老化を防ぐことはとても大切です。

また乾燥肌である私は対策にずいぶん悩みました。
研究の末、化粧水をつける前にワセリンを塗ることで、肌の突っ張りがなくなりました。
あれこれ…ここまで来るのに実践しましたが、今はとても効果的なお手入れだと思います。

年齢を重ねるごとに、それだけ美容に手がかかりますが、実感したり効果を感じたりすると、とてもモチベーションも上がりますし、それがとても楽しくなります!
現在の私の趣味でもありますね。これからもお手入れを欠かさず、中から!外から!の研究と実践を継続していきます。

美肌をつくり、たるみもなくしましょう!

私が普段スキンケアをするにあたって気をつけていることは、肌に優しく触れることです。
知らない方も多いと思うのですが、肌はとっても繊細です。
強くこすってしまうとその分肌にダメージを与えてしまいます。

洗顔はもちろん化粧水などを塗る際にパチパチと肌を叩くことは絶対にありません。
それだけでも肌にとっては大きな刺激になるからです。
なので肌を慈しむように、成分を肌の中に押し込むように優しく触れています。

さらに市販の基礎化粧水には肌に悪影響を及ぼす成分が多く含まれているので、その成分が含まれていない化粧品を使っています。
実際これをしたことによって肌が見違えるほど綺麗になってきたと思います。

続いてたるみに関してです。年齢を重ねるごとに気になる1つが肌のたるみですが、私は若い時から気をつけるべきだと思っています。
なので今から、化粧水をつけるときはたるみやすい口周りのあたりを重点的に押し上げるように気をつけています。
縦にばかり押し上げることを意識しても、それはいずれ落ちてくるだけということをどこかで聞いたので縦だけでなく横に流すことも意識して行っています。小刻みに何度もやるのではなく、数秒かけてじっくりと行っています。

シワ、シミ予防は毎日の努力から

毎日やっている美容法は、メイクは優しく擦らないでしっかり落とし、オードムーゲで肌の残った汚れを綺麗にしてから化粧水が肌に馴染むまで何度もつけ、乳液で肌を整えること。
因みにアイメイクが残っていると色素沈着を起こしてしまいますので、必ずポイントメイクリムーバーと綿棒は必須です。
化粧水は馴染ませるまで約5分くらいで、完全に肌に染み込んだ後に乳液をつけます。
時間に余裕があるときは、スチーマーをかけながらゆっくりメイク落としや化粧水をつけたりしますが効果は倍増します。

そして夜のスペシャルケアに目元をぐるっと囲むように
ニベアの青缶を薄く、二度優しく馴染ませてから寝ています。
プチプラだけれど効果は抜群で次の日のもっちりハリ感に感動します。

まだシワが出来ていませんが、メイクは必ず綺麗に落とすこと、毎日化粧水をたっぷりつかうことと、ニベアでアイケアをしてるからかなと思います。

あとは休日の家の中でもちゃんと日焼け止めを塗ることでかなりのシミやシワ予防になります。
出来てしまったシミはオバジシーで薄くする。
使い始めはピリピリしやすいので少量から使い始めたら慣れてきます。

内側からケアはハイチオールCのみに頼ってます。
これを怠らないこと、日々毎日努力です!